Data Converter 最初版のαバージョン変換

Data Converter は最初版で簡単な変換を備えて公開されました。
将来のバージョンには、よりたくさんの、特に複雑な機能を追加する予定です。
この時点では、既に追加された変換の種類を紹介したいと思います。

DOM(DOM = Document Object Model = ドキュメント オブジェクト モデル = リソース 要素 構造)要素変換

DOM要素はHTMLのウェブページ上で利用されるHTML要素です。

タイプ変換

タイプ(キャスト = Casting という場合もあり)変換はプログラミング言語において一つのデータの種類からほかのデータ種類に変換することです。
例えば、文字はString(ストリング)のタイプと知られています。
タイプ変換は一般的に”形式”を利用して入力形式を設定することによりできます。
“形式”を利用せずにタイプ変換をするのは将来に一般的に対応する予定です。
通常のタイプ変換は次を含みます:Date => String、String => Number、Boolean => String、 など。

日本語変換

時間と共に異なる文字や言語の変換が追加される予定ですが、現在は重要な日本語変換が既に用意されてあります。
日本語の漢字数字から数字に変換することが可能です。例えば、十三 => 13。
日本語から点字(ブライユ)に変換することが可能です。例えば、こんにちは => “⠪⠴⠇⠗⠥”。

測定単位変換

数多くの測定単位変換が用意されてあります。
この中には通常の交際単位系の単位やほかのよく使用されている測定単位があります。
単位は一般的に表示用の名前を利用します。例えば、グラムからキログラムへの変換は”g”から”kg”への変換を実行することで実現できます。

シェル変換

シェル・CLI(コマンドプロンプト)の変換はシェルの入力・出力とほかの一般である入力・出力の間の変換を簡単に実現するために用意されてあります。
例えば、複数行・単数行の変換と”$ 命令”のような命令文から実際の入力命令文への変換。

将来のバージョンには、上記の変換の種類のほかに数多くの追加が予定されています。

以下のリンクでお試しください。
https://theopenweb.info/app/data-converter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です